先頭へ戻る
「四国へんろ道文化」 世界遺産化の会 みんなで目指そう!世界遺産への登録

最終第6回旧へんろ道(宿毛街道中道)ワーキングウォーク実施状況 《中道復元通算第24回作業》

2016年11月18日

1.実施概況

日時:平成28年11月13日() 9時~16時半天候 晴れ

参加申込み34名で、欠席とともに当日参加もあり参加費負担(カンパ含む。)参加者31名だった。随伴車の提供3名を加えるとコース参加は34名だったが、上槇地元のお接待及び事前準備参加が15名ほどあり、総計50名近くの皆さんに関わっていただいた。遍路道復元に度々尽力願っている地元赤松県会議長も、目白押しの公務を縫って宇和島最奥のスタート地点上槇に駆けつけ、励ましの挨拶をいただいた。(小山田代表、赤松議長挨拶等)
20161113a
 

2.ワーキングウォーク状況

(1)上槇へんろ道場(宇和島市津島町下畑地上槇乙)スタート 

先発隊は7時半宇和島駅東の龍光院に集合、後発隊は8時に同市津島町岩淵の満願寺に集合、それぞれ小型バスで上槇へんろ道場に移動した。スタートに当たって、主催者遺産化の会小山田代表挨拶、赤松議長の激励挨拶の後、復元事業主管の宮本委員長からコース説明を行い、復元作業小型重機運転者西平氏が製作寄贈していただいた“上槇へんろ道場”看板の披露を行い、9時にウォークをスタートした。(議長・代表による看板披露)20161103b

(2)馬の背休憩・お接待

上槇地域の皆さんが旧へんろ道と県道46号線が接する馬の背まで出向いて、お茶等のお接待をして下さった。甘酒が好評で、お代わりをした人も多かった由。(馬の背お接待光景)20161103e

(3)満願寺昼食休憩

増穂本俵で県道46号線と再合流し、舗装道路を満願寺まで歩いて、昼食休憩。お茶等のお接待。昼からのスタート前に、満願寺に設置した説明

案内看板の披露。 (代表・満願寺住職・委員長)    (看板内容)

(4)野井お接待・野井坂越え・祝森柿の木庚申堂(休憩)

昼過ぎ満願寺を再スタート、県道46号線を野井集落に向かう。野井集会所で紫饅頭等お接待。山道を進み野井坂越え、祝森柿の木庚申堂に至り、前にある柿の木集会所で休憩。

(5)子安地蔵・保田(お接待:太公望)・並松街道口(お接待:イフイ)

時間設定がまずく、設定ゴール時間が迫っていたので、後発隊がゴールから朝集合の満願寺に戻るため準備していた小型バスに来てもらい、後方の人から乗車して先を急いだ。子安地蔵を過ぎた保田及び並松街道でお接待を準備して待っていて下さったお店があり、甘いお餅やぜんざい等をいただいた。

(6)馬目木大師・龍光院ゴール

時間の制約で元結掛の馬目木大師からゴールまでの宇和島城下遍路道はバスに乗ったが、一方通行の通りがあり、ルートどおりとはならなかった。ゴール近くに自宅のある人で全行程歩き通した人もおられた。16時半ゴールし、満願寺への戻りは17時過ぎであった。(主力部隊 龍光院ゴール)20161103f

 

3.中道ワーキングウォーク第1回~第6回の総括

平成2224年度の野井坂へんろ道復元に引き続いて、25年度から取り組んできた中道復元整備事業によりそれまでの途絶状態を解消し、今年の“えひめいやしの南予博2016”自主企画事業として実施した春シーズン第1(327)、第2回(423)、第3回(522)、秋シーズン第4回(925)、第5回(1023)、第6回(1113)のワーキングウォークで、愛南町40番札所観自在寺から宇和島市津島町番外札所満願寺を経て宇和島駅東側の別格第6番札所龍光院までの旧へんろ道中道ルートが徒歩通行が可能であることを明確に実証できた。その成果を生かして愛南~宇和島遍路MAPも作成した。しかし、なお標識の充実等の課題が残っており、さらに過疎高齢化している山間地域における遍路道の維持管理態勢の構築が今後の重要な課題である。地元に過重な負担がかからないよう、また行政にだけ頼るのではなく、民間も含めた協働によりその態勢を構築することを、早急に取り組まなければならないと改めて感じるところである。

            以上(文責 事務長)

最終第6回中道ワーキングウォーク(中道復元通算第24回作業)実施について

2016年11月02日

多くの皆様のご協力、ご支援をいただいて四国へんろ道の世界遺産登録とともに地域の活性化に資することを目指して、愛南町に位置する四国霊場第40番札所観自在寺から大岩道()、小岩道()を越え宇和島市津島町番外札所満願寺を経て、さらに野井坂を越えて同市宇和島駅東側に位置する四国別格霊場第6番札所龍光院に至る旧へんろ道(宿毛街道中道)復元整備事業に取り組んでまいりました。最近まで途絶していたこの中道も、これまでの取組によって徒歩通行ができるようになってきており、折しも南予地域の活性化を目指して開催されております‟えひめいやしの南予博2016“に自主企画として参加し、中道復元事業の一環として“旧へんろ道(宿毛街道)中道ワーキングウォーク”(3月~116)を実施しているところです。

1023()には第5回目となる中道ワーキングウォークを、観自在寺から宇和島市津島町上槇(へんろ道場)までの区間約16㎞で、小雨模様の中、参加者はやや少なかったのですが、無事実施できました。

 

引き続き、1113()に最終第6回中道ワーキングウォークを、上槇へんろ道場から満願寺を経て龍光院までの区間約26㎞で、添付参加者募集チラシのとおり実施いたします。

よろしくご協力、ご支援をお願いいたします。

平成28年10月 

中道復元実行委員会委員長 宮本清幸

同   事務長 大森寿人
参加者募集チラシ(表面)縮小版
参加者募集チラシ(裏面)縮小版
 

第5回旧へんろ道(宿毛街道中道)ワーキングウォーク実施状況の報告

2016年11月02日

いやしの南予博タイトル

実施概況

日時:平成28年10月23日() 8時半~17時

   天候 曇り一時小雨
参加申込み28名で、欠席とともに当日参加もあり参加費負担(カンパ含む。)参加者25名だった。随伴車の提供3名を加えるとコース参加は28名だったが、僧都や上槇地元のお接待及び事前準備参加が10余名あり、総計約40名の皆さんに関わっていただいた。昼前(あるいは標高が高い区間)から小雨となり多少条件は悪かったが、事前準備作業の効果もあり、観自在寺から上槇へんろ道場の区間を問題なく踏破して、16時過ぎにゴール、17時過ぎ観自在寺に帰着、解散した。    
1

長月や僧都等地元で当日は参加できない方が事前準備に参加して、10181921日と延べ10名が作業していただいた。大岩道峠前後で道に倒れ込んで通行に支障を生じていた草木の苅込や簡易テントトイレの設置等、円滑なウォーク実施のため汗を流していただいた。 

ワーキングウォーク状況

(1)観自在寺スタート

スタートに当たって、遺産化の会小山田代表から挨拶の後、観自在寺三好住  職から激励の言葉をいただき、宮本委員長からコース説明を行い、南予博の助成で観自在寺に設置したへんろ道説明案内看板を披露した。
3 4 6 7


(2)大岩道越え

  標高500mを越える頃から小雨となり、昼食を大岩道峠でとる想定であったが、変更して峠を降りた大僧都集会所でとった。13時過ぎとなったが、地元坂本氏が準備してくださり、トイレも使え、雨天時大変助かった。また同氏が丹精していただいた峠北面下部コースの石敷きは先の台風16号の大雨にもびくともせず、大感謝です。

(3)小岩道越え

  標高が高くなると小雨。峠南面の県道46号線交差地点で一息入れて、峠に向かう。時間も押していたので急坂に息が弾む。             →

  小岩道峠は風力発電工事の関係で惨憺たる情況。止まることなく峠を下る。通称‟水飲み場“、”ヒジコ曲りを過ぎると出水のため路上に岩石がゴロゴロし、快適な道とは言えない状況になっていた。

最終16時過ぎに上槇へんろ道場に到着し、いつもながら地元の方から温かいお茶等のお接待を受けた。早々に迎えバスに乗り観自在寺に帰着。 

第5回の総括

今回の取組でも改めて観自在寺から上槇へんろ道場まで十分に徒歩通行が可能であることは実証できた。しかし、適時の維持管理が必要であり、地元に過重な負担がかからないよう、また行政にだけ頼るのではなく、民間も含めた協働によりその態勢を構築することが、早急に取り組まなければならない重要課題であると再認識させられた。